ごあいさつ

 



FOCUS H&Sのホームページに、ようこそお越しくださいました。
誠にありがとうございます。
FOCUS H&Sは、技術好きの人々が集まって魂が込められた製品を作り、その製品を
使用する顧客の安全に最後まで責任を負うという使命感で作られた技術中心の会社です。
私たちFOCUS H&Sを通じてAI映像管制、スマート駐車誘導、エンベデッド駐車管制、
顔認証を通じたアクセスコントロール及び各種映像分析ツールなど様々なス
マートAIプラットフォームをご体験ください。






人と技術、そして顧客の安全


豊富な映像処理技術を持つ有数の研究者と長年デジタル映像関連業務を行ってきた人々が集まり、
映像を含む各種センサーデータまで顧客が必要とするデバイスをより意味深く直感的な表現方法を開発してきました。

デジタル技術の発展とともにFOCUS H&Sは設立以来、豊富なシステム設計能力と独歩的な映像処理技術で映像セキュリティ製品を開発しています。
このような努力の結果、AI機能を搭載したカメララインナップ(4K)、各種保存装置および環境センサーのようなEdge IoT Deviceを保有することができ、
スマートAIカメラ技術とシステム設計技術によりカメラ開発及びサーバー保存装置を開発し、各種産業に貢献しており、
柔軟なUXとイベント処理技術により革新的な映像統合管制プラットフォームを顧客企業にご提供します。
その結果、様々な海外企業と技術協約を結び、多様な製品を供給しており、韓国の出動警備企業の映像管制ソリューションを開発し、製品を供給しています。
特に、知能型AI技術に基づいた製品として優秀調達事業者に選定され、国内事業だけでなく自治体の事業にも多大な貢献をしております。


EDGE COMPUTING


ほとんどのAI技術はスーパーコンピューターのようなサーバーで動作しますが、
FOCUS H&SはEDGE COMPUTING技術を利用してカメラにこのすべての技術を適用させました。
オブジェクト認識および各種映像分析技術を利用した顔認識カメラと番号認識カメラ、EDGE映像分析サーバーがその代表的な製品で、
すでに開発されて多様な分野に使われており、EDGEではできない多様なケースに対しては独自の映像分析サーバーであるUVMSを通じてデータが処理されます。
EDGEでできない多様なケースに対しては独自の映像分析サーバーであるUVMSを通じてデータが処理されます。
長年の経験で、すでに業界全体の様々なケースについてのデータセットを保有しています。
負荷分散を通したEDGEカメラ技術と、より多様な映像解析が可能なUVMS分析サーバーの組み合わせは、変化に富んだフィールドの様々なケースを素早く対応できるFOCUS H&Sならではの長所だと思います。
これらのメタデータをクラウドプラットフォームで収集し、ビッグデータ分析の基礎資料として使用します。
FOCUS H&Sの全製品はAIオブジェクト認識機能を搭載し、すべての製品が相互互換され、社会全般に映像分析が必要な場合、
FOCUS H&S製品が使用できます。


AI プラットフォームの拡張


FOCUS H&Sは、弊社のAI核心技術を最適化し、Edge Device(IPカメラ/アクセスコントローラー)に搭載し、これらの製品を様々な事業領域に適用し、
意味あるメタデータを確保しています。 これによりEdge AIエンジンだけでなく、データセットまで確保し、幅広く事業領域を拡大しています。
このようなメタデータがクラウドサーバーに蓄積されると、GPU演算によるビッグデータ分析が可能になります。
FOCUS H&Sは、全製品群にAIエンジンを搭載するとともに、柔軟なカメラAPIインターフェースを通じて他社製品の連動はもちろん、データ共有を通じててスマートAI連動分析が可能です。


クラウドプラットフォーム


FOCUS H&Sは、各種データのクラウド保存に対するオリジナル特許を保有しています。
FOCUS H&Sは、Edge Deviceからクラウドソリューションまで、顧客の置かれた環境に合わせて知能型サービスを簡単かつ便利に適用できるプラットフォームを構築しています。
FOCUS H&Sは、知能型映像製品のフルラインナップとEdge Deviceを利用したスマートAIプラットフォームにより、
様々なビジネス領域を拡大していきます。